おすすめJALカード「JALカードSuica」について

話題のSuica付きJALカード

JALカードの中でも交通面で便利なのがSuicaが搭載されているJALカードです。フライトを利用してマイルを貯めて、陸ではSuicaを利用することでポイントを貯めることが可能なこちらのJALカードは空でも陸でも移動が多い方におすすめとなっています。現在JALカードとしては2種類発行されていますのでそれぞれご紹介します。

■JALカードSuica 普通カード
発行元:JCB
年会費:2000円+税(初年度は無料)
家族カード年会費:家族カードは発行されていない

■JALカードSuica CLUB-Aカード
発行元:JCB
年会費:10000円+税
家族カード年会費:家族カードは発行されていない

2種類どちらも家族カードが発行されていない点だけ注意する必要があります。学生専用のnaviカードは別物として、JALカードで家族カードが発行されていないのは非常に珍しいものに分類されています。
さてこちらのSuica機能がついたJALカードをおすすめする理由をご説明しましょう。まずはもちろんJALカードですのでクレジットカードとして日々利用していく場合はマイルが貯まっていきます。ショッピングで獲得するマイルに関しては他のクレジットカードと同様に通常であれば0.5%相当の還元、JALショッピングマイル・プレミアムに加入していれば1%相当の還元となっています。どちらも優待はありませんので追加で年会費が3000円+税必要となります。

ショッピングに関してはSuica機能が付いていないJALカードと大差ないのですが、大きく異なるのはもちろんですがSuica機能が利用できるところです。こちらのSuicaに関してはJR東日本エリアを利用する事によってビューサンクスポイントと呼ばれるマイルとは異なったポイントサービスでポイントが貯まっていきます。こちらのポイントに関しては1000円につき2Pが基本となっていて、Suicaへのチャージなど特定の利用に関しては1000円につき6Pが貯まる仕組みとなっています。そして何より嬉しいのはこの貯まったポイントもJALマイルに交換することが出来るという点です。このポイントもマイルに移行できることで陸での移動もなるべくマイルのことを意識して利用することが可能となりますし、首都圏でJRを利用される方などには大きなアドバンテージと言えるでしょう。Suicaへのオートチャージも対応していますのでどこであっても電子マネーを利用して手軽に買い物も可能です。

■おすすめJALカードのボーナスマイルに注目だ!

JALカードは人気の高いものが多いです。実際に内容残っているものも多く、使い勝手も申し分ありません。問題はその中で、どのカードを選択して利用していくか、ということなのです。

今回はJALカードの一つであるJALカードSuicaについて徹底的に解説します。人気の高いカードですが、どのような特徴があるのでしょうか。
まずはボーナスマイルから明らかにしていきますね。

・JALカードSuicaのボーナスマイルはどのくらいなのか?

まずは入会搭乗ボーナスに注目しましょう。入会搭乗ボーナスとは、入会後初めての搭乗でボーナスマイルがもらえる、といったものです。そのマイル数は1,000マイルとなっています

毎年初回搭乗ボーナスも設定されています。毎年初回搭乗ボーナスマイルの設定ですが、こちらも1,000マイルとなっています。毎年からな図登場している、ということは通常のフライトマイル以外にも1,000マイルが獲得できる、といった状況になっているわけです。

もう一つ注目してほしいのが区間マイルボーナスです。区間マイルボーナスに関しては、区間マイルにプラスして10%のマイルがボーナスで獲得できる、と言うものになっています。たくさんのマイルを獲得していきたい、という方には嬉しいボーナスマイルでしょう。よく航空機移動をしている、というかたは継続してたくさんのマイルがゲットできる状況になるわけです。

■おすすめJALカードの年会費について

JALカードの入会を考える時に注目しておきたいのが年会費の設定です。事前井戸の程度の年会費がかかるのか、ということはしっかりと理解しておかなければなりません。そもそも年会費は毎年かかってきていしまうものです。その金額に見合った程度の利用をしていかなければなりません。

こちらではおすすめのJALカードであるJALカードSuicaの年会費について明らかにします。実際にどの程度の年会費設定になっているのでしょう。高いのでしょうか?それともお得なのでしょうか?

・JALカードSuicaの年会費について

初年度年会費は無料です。利用1年目は年会費がかかってこないので、その点は非常に大きなプラス、といっても過言ではありません。問題は2年目以降の年会費でしょう。

JALカードSuicaの2年目以降の年会費ですが、2,160円の設定となっています。年会費の額としてはそれほど高いわけではありません。毎年2,000円ちょっとなので大きな負担にもならないわけです。仮に頻繁にカード利用していなかったとして問題ないでしょう。

JALカードSuicaにはETCカードもあります。そちらの年会費も調べておきましょう。
ETCカードの年会費ですが、515円の設定となっています。それほど高額ではありませんが、ETCカードは年会費がかかる、ということは理解しておきましょう。

■おすすめJALカードのポイント還元率

JALカードを上手く使いこなしていくためには、ポイントを効率的に摂取していく、ということも必要になってきます。せっかくクレジットカードを利用しているだから、上手くポイントをゲットしていかなければならないのです。

こちらではおすすめJALカードであるJALカードSuicaの「ポイント還元率についてお話します。実際にどの程度の設定となっているのでしょうか。ポイント還元率は有利なのでしょうか?それとも不利なのでしょうか?

・JALカードSuicaの最もオトクなポイント獲得方法

JALカードSuicaでは、ビューサンクスポイントが獲得できます。1,000円につき6ポイントが標準となっているのですが、実は一般加盟店ではポイントが獲得できない仕様となっています。
たとえば、えきねっとやびゅう国内旅行商品、さらにはモバイルSuicaやSuica、そしてJR東日本での定期購入やチャージでポイントが獲得できるのです。

・JALカードSuicaで最もオトクなポイント交換法法

メトロポリタンホテルズ共通利用券に「ポイントを交換するほうほうがもともポイント還元率が高くなります。最小ポイント交換単位は600ポイントとなっており、2,000円分のメトロポリタンホテルズ共通利用券と交換できるのです。ポイント還元率は1.999%となっており、ほぼ2%といっても良い状態になっているわけです。

■おすすめJALカードのボーナスマイルがすごい!

航空系クレジットカードを利用している方は多いです。さらに空港系クレジットカードを利用したい、と考えている方も非常に多いのが現状です。その理由の一つに入ってくるのが、航空系クレジットカードのボーナスマイルでしょう。実はたくさんのマイルを獲得できるチャンスが有るのです。

今回はJALカードの一つであるJALカードSuicaのボーナスマイルについて解説します。

・入会初回搭乗ボーナスについて

入会後初めてのフライトで1,000マイルのボーナスが獲得できます。1,000マイルを獲得する、というのは簡単なことではないので、初回搭乗だけで1,000マイルもらえる、というのは非常に嬉しいことですよね。

・毎年初回搭乗ボーナスについて

入会後初めてではなく、毎年の初回フライトで1,000マイルのボーナスが獲得できる、といった嬉しい特徴もあります。例えば、5年間入会し、毎年登場しているのであれば、ボーナスマイルだけで総合で5,000マイルももらえる、ということになるわけです。継続的に航空機に乗っている方はJALカードSuicaが非常におすすめなのです。

・区間マイルボーナスにも注目

JALカードSuicaに関しては、区間ボーナスマイルの獲得も可能です。通常の10%のマイルがプラスしてもらえる、という条件になっているのです。10%のボーナスマイルもバカにはなりませんよ。

■おすすめJALカードとSuicaの関係性

今回JALカードの一つであるJALカードSuicaについておはなししているわけですが、注目していきたいのがJALカードとSuicaの関係性です。JALカードとSuicaがタッグを組んでいるのがJALカードSuicaですが、果たしてどのような特徴があるのでしょうか。利用前にしっかりと確認しておきましょう。

・JALカードとSuicaはどのように関係しているのか?

SuicaのICチップを内蔵しています。カードにはクレジットカード機能とSuicaの機能の両方がある、といった状況になっているわけです。普通であれば2枚持たなければなら無いカードを1枚で済むような状況になっているので、非常にお得、といっても過言ではありません。

問題はSuica機能があることで、どのような利用ができるのか、という部分ですよね。

JALカードSuicaですが、Suica機能があることで、JAL東日本で利用できます。例えば、きっぷ・定期券などの購入ができます。移動も圧倒的にしやすくなるわけです。
さらにクレジットカード機能があることで、わざわざチャージする必要はありません。オートチャージの設定となっているのです。入金されている額が少ないからSuicaが利用できなかった、というようなこともなくなるわけです。チャージする手間も省けます。

さらに注目してほしいのがJALカードSuicaで決済を利用するとポイントが貯まる、というものです。Suicaのチャージでポイントが貯まるので、実質的にSuica利用でポイントが溜まっているのと同条件になるわけです。

■おすすめJALカードの入会条件とは?

JALカードを利用している、という方は非常に多いのではありませんか。その中でも人気が高まっているのがJALカードSuicaです。電子マネーのSuicaが利用できるということで、JA東日本ユーザーの間で話題になっているのです。

しかし、JALカードSuicaが良いと思っても誰でも入会できるわけではありません。事前に自分でも入会できるのか、といいうことはしっかりと確認しておかなければならないわけです。

今回は、JALカードSuicaにおける入会条件について詳しくお話します。

・年齢条件あり

クレジットカードなので、年齢制限はしっかりと儲けられています。
18歳以上の設定となっています。ただし18歳以上であったとしても高校生の利用は負荷、とされているので注意しましょう。高校卒業異常の18歳を対象としているクレジットカードなのです。

・住まい条件あり

住まい条件と言っても特に厳しいものではありません。日本国内に住んでいることが必要になっているわけです。ちなみに国籍が日本であったとしても、現状で海外に住んでいる方は利用できない、と言うわけです。住まい条件についてはしっかりと把握しないで申し込みを行ってしまっている方も多いので注意しましょう。

・審査は厳しいのか?

それほど厳しくはありません。
年会費が2,000円ちょっとのカードなので、審査難易度としても高くないのです。