電車乗車でマイルが貯まる?おすすめのJALカードを紹介

■鉄道と併用する場合もJALカード

鉄道系電子マネーとして人気の高いSuicaはJALカードとも連携しています。JALカードSuicaと呼ばれるこちらのクレジットカードではJALカードの利点に加えて交通系電子マネー大手のSuicaの利点の両方を活用することの出来るものとなっているのです。なかなか航空系と鉄道の電子マネーが一体化されていることにメリットを感じないかもしれませんが、空港に出向くまでに鉄道を利用したり純粋に所有する枚数を減らすためにもこの連携は思ったよりも嬉しいものとなっています。

さて、JALカードSuicaにも二種類あり、普通カードとマイルのさらに貯まりやすいCLUB-Aカードに分かれています。年会費はSuicaの機能が付帯されている提携カードだからといって変わることはなく普通カードであれば2160円、CLUB-Aカードであれば10800円です。JALカードSuicaにも二十代限定サービスであるCLUB ESTを付帯させることは出来るのですが、JALカードの強みである家族カードが利用できないのが唯一の残念なポイントです。またCLUB-Aの上位に当たるCLUB-Aゴールドカードも提供されていないので注意してください。

基本的なクレジットカードの機能としてはJALカード普通カードもしくはJALカードCLUB-Aカードに準ずるものとなりますのでここでは割愛したいと思います。JALカードSuicaであることの独自のサービスとしてはまずもちろんですがSuicaが付帯されていることです。これは言うまでも無いことですよね。Suicaが付帯されていることにってJALカードでも鉄道の自動改札を通れるようになりますし利便性は格段に向上したものとなります。またオートチャージにも対応していますのでSuicaが利用できるところはなるべくSuicaで支払うことによってポイントを貯めつつも、JALカードの利用実績も増やしていくという方法も使えるのが嬉しいところです。

ポイントサービスについては一部JALカードと異なっています。基本的にはJALカードと同様に利用した金額に対してショッピングマイルが貯まるようになっているのですが、ビュー・スイカカードとの連携があることで一部貯まるポイントが異なります。大きく異なるのはJALカードSuicaでチャージした場合にはショッピングマイルが貯まるのではなく、Suicaのポイントサービスのビューサンクスポイントが貯まるということです。こちらのポイントは名称は異なりますがマイルにも交換することができますのでご安心ください。

JALカード TOKYU POINT ClubQの年会費とは?

クレジットカードにはさまざまなものがありますが、その中でも人気が高いものと言っても良いのがJALカードです。利用するとマイルが獲得できるので、非常に多くの方から人気となっているわけです。

こちらではJALカード TOKYU POINT ClubQの注目すべきポイントを幾つか紹介していきます。今回は年会費について詳しくお話させてもらいます。実際にどの程度の価格になっているのでしょうか。

■JALカード TOKYU POINT ClubQの年会費とは?

実はカードの種類によって年会費が異なっています。
普通カードに関しては2,160円の設定となっています。比較的安い年会費となっているのです。一方で、CLUB-Aカードに関しては10,800円とゴールドカード並みの年会費となっているので注意しましょう。
CULB-Aゴールドカードに関してはさらに年会費が高くなっており、17,280円の設定となっています。

■JALカード TOKYU POINT ClubQの家族カードの年会費とは?

本会員年会費よりは年会費が低く抑えられています。普通カードに関しては、1,080円の設定となっているのです。CLUB-Aカードに関しては3,780円となっており、CLUB-Aゴールドカードに関しては8,640円の設定となっています。
家族カードのほうがお得ではありますが、年会費はかかってくる、ということはしっかりと理解しておくことが必要になってきます。

JALカード TOKYU POINT ClubQのマイル付与率

JALカードを利用するということは、やはりマイルの獲得を望んでいる方が多いと思うのです。そこで気になってくるのがマイルの付与率でしょう。マイルの付与率が高いクレジットカードなのか、それとも低いクレジットカードなのか、ということには注目しなければなりません。

今回はJALカード TOKYU POINT ClubQにおけるマイル付与率について徹底調査してみました。一体どのような設定となっているのでしょうか?

■JALカード TOKYU POINT ClubQのマイル付与率がこれだ!

普通カードのマイル付与率は一般加盟店の場合は1.0%の設定となっています。特約店になると2.0%になりJAL航空券などになると同じく2.0%の設定となっています。

CLUB-Aカードの場合は、一般加盟店が1.0%であり特約店が2.0%であり、JAL航空券は2.0%です。

CLUB-Aカードの場合は一般加盟店が1.0%であり特約店が2.0%であり、JAL航空券は2.0%です。

要はマイルの付与率に関しては、カードの種類によって大きな違いはない、ということなのです。ですから年会費が高いカードを利用しても、一般利用の場合は特に恩恵は受けられません。一般的な買い物などの利用しかするつもりはない、という方は、なるべく年会費が低めの普通カードの利用をおすすめします。

JALカード TOKYU POINT ClubQの特約店がこれだ!

せっかくJALカードを利用するのであれば、マイルを効率的に獲得していきたいものでしょう。そのマイルを効率的に獲得していくために必要になってくるのが特約店なのです。特約店をしっかりと利用していくことで、マイルも圧倒的に貯まりやすくなります。

今回はJALカード TOKYU POINT ClubQでマイルが圧倒的にたくさん貯まる特約店を紹介していきます。いったいどのようなところが特約店になっているのでしょうか?

■JALカード TOKYU POINT ClubQの特約店について

・コンビニやスーパーについて

イオンやファミリーマート、そしてピーコックストアが特約店になっています。マイルの付与率が2倍となっているのです。コンビニの場合は、毎日利用している、という方もいるのではありませんか?定期的に利用しているところが加盟店に入っている場合には、マイルがザクザク貯まる可能性もありますよ。

・ドラッグストアや薬局について

マツモトキヨシやウエルシア、さらにハックドラッグやマツモトキヨシオンラインストアが特約店になっています。ドラッグストアに関しては、医薬品だけではなく日常品なども販売されています。思った以上にお金を使っている場所でもあります。そこが特約店になっているので、マイルがザクザクと溜まっていく可能性が高いですよ。

JALカード TOKYU POINT ClubQとPASMOの関係性

JALカードを利用するときに注目しておきたいのが電子マネーの存在です。実はPASMOが利用できるのです。定期的にPASMOを利用している、という方はJALカードを利用してしまったほうがお得、といったこともいえます。

こちらではJALカード TOKYU POINT ClubQとPASMOにはどのような関係性があるのか、ということを詳しくお話します。

■JALカード TOKYU POINT ClubQとPASMOとは?

JALカードではPASMOの利用が出来ます。PASMOにオートチャージが出来るわけです。定期的にチャージする必要がない、といった特徴を持っていました。電子マネーを効率的に利用したい、といった方の希望を叶えてくれるクレジットカードでもあったわけです。

問題となってくるのがマイルの付与ですが、実はオートチャージでもマイルが得られます。

2017年の3月いっぱいまでは、0.5%から1.0%のマイルが獲得できたのです。一般の加盟店と同じ程度のマイルが獲得できたわけです。
ただし、2017年の4月以降はJALカード TOKYU POINT ClubQにおけるPASMOのオートチャージで得られるマイルは0.5%に一本化されてしまいました。ハッキリ言って改悪をされてしまったのです。その点をマイナスと捉えている方も多く、PASMOユーザーにとっては打撃となってしまいました。

JALカード TOKYU POINT ClubQのボーナスマイルを調べてみた

JALカードを利用するにあたり、気になってくるのがボーナスマイルの存在です。どの程度のボーナスマイルが獲得できるのか、ということをしっかりとチェックしていかなければなりません。

では実際にJALカード TOKYU POINT ClubQのボーナスマイルはどの程度になっているのでしょうか。

■JALカード TOKYU POINT ClubQのボーナスマイルがこれだ!

・入会・継続ボーナスマイルについて

各JALカードでは入会ボーナスマイルと継続ボーナスマイルを用意しています。カードの種類によって獲得できるマイルの数は異なっていますが、どのカードでもゲットできるわけです。

普通カードに関しては、入会・継続ボーナスマイルは1,000マイルの設定となっています。上級カードに関しては入会ボーナスマイルが5,000マイルで、継続ボーナスマイルは2,000マイルとなっています。

・フライトボーナスマイルについて

普通カードの場合は+10%の設定となっています。上級のJALカードに関しては+25%の設定になっているわけです。効率のマイルをゲットできる可能性もあるので、海外旅行などをする機会が多い、という方が上級カードを持っておきたいところでしょう。

JALカード TOKYU POINT ClubQはポイントが2重で獲得可能

ポイントを獲得する、という目的でクレジットカードを利用している方は多いです。ポイントで還元されるのが楽しくなって、買い物をしすぎた経験がある、という方も多いのではありませんか。ポイント還元率が高い店舗であればついつい不必要なものまで購入してしまうものです。

こちらではJALカード TOKYU POINT ClubQにおけるポイントの2重獲得というものに注目してみました。

■JALカード TOKYU POINT ClubQのポイントの2重獲得とは?

・東急グループで買い物をするとTOKYU POINTもゲット可能!

JALカード TOKYU POINT ClubQはJALカードでもあり、東急のカードでもあるのです。ですから、東急で利用すると、別個にポイントが獲得できる、いわゆるポイントの2重獲得ができるわけです。しかも、ポイント還元率がかなり有利な設定になっていることもあるので見逃せません。

たとえば東急百貨店で利用した場合ですが、税抜き100円の利用ごとに3ポイントから10ポイントのTOKYU POINTも獲得できるのです。ポイント還元率は3%から10%にもなります。
他にも東急ストアネットスーパーでもTOKYUポイントが獲得可能です。税抜き200円毎に3ポイントが獲得できるので、還元率は1.5%にもなるのです。