これで納得JALカードの特徴まとめ・前編

JALカードで使えてマイルも貯まる電子マネー

JALカードの中には電子マネーを利用することによってお得にマイルを貯めれるものが存在しています。全てのJALカードが電子マネーに対応しているわけではなく、特定のJALカードが特定の電子マネーに対応するような仕組みとなっています。今回は利用したい電子マネーからその電子マネーを利用することでJALカードのマイルが貯まるかどうかをわかりやすくまとめています。日頃から利用している電子マネーをJALカードで利用することによってマイルがもっと貯まるようになるかもしれません。

■WAON
JALカードが最も力を入れている電子マネーといえるのがこのWAONです。通常のクレジットカードであればWAONへのチャージでポイントが貯まるものも少ないのですが、JALカードはWAONへのチャージでマイル貯まるものを用意しています。全てのJALカードがWAONに対応している訳ではないのですが、JALカード(普通カード) VISAやJALカードMasterCardやJALカード TOP&ClubQなどがWAONへのチャージに対応しているクレジットカードとなっています。
注意しなければならないのはマイルを貯めるためにはJMB WAONカードと呼ばれるマイレージバンクと連携されているWAONにチャージするということです。これを忘れてWAONをチャージしてもお得にマイルを貯めることが出来ませんので必ずマイレージバンクと連携された専用のWAONカードを利用しましょう。

■Suica/モバイルSuica
Suicaを利用してマイルを貯めるためにはJALカードSuicaを利用する必要があります。他のJALカードではSuicaに対応していませんので注意してくださいね。オートチャージ機能に対応していますので日頃からのSuica利用に対してポイントの付与が行われるというのが魅力となっています。
Suica利用時のポイントというのは独自のものとなっているのですが、こちらのポイントはJALマイルに交換することが可能ですので実質的にSuicaを利用してJALマイルが貯まると言えるでしょう。

■PASMO

JALカードTOP&ClubQとJALカードOPクレジットがPASMOへのオートチャージに対応しています。オートチャージに対応していることによってJALカードで積極的にPASMOをチャージすることが出来ますしマイルの取り損ないも少ないのが特徴となっています。他の電子マネーのようにチャージ機でクレジットカードを利用したチャージは出来ないのでマイルを貯めるときには注意しておかなければなりません。

JALカードは電子マネーの利用でマイルが貯まる

JALカードでお得にマイルを貯めていくためには電子マネーとの併用が必須となっています。JALカードで支払うほうがお得なマイル獲得率となることもありますが基本的には電子マネーで支払えるものは電子マネーにチャージして支払いをするほうがマイルの獲得量が多くなる場合もあります。また利用する電子マネーによってマイルの貯まり方も異なったものとなってきますので日頃から利用する支払いに合わせたものを選択する必要があるのですね。
JALカードに付帯されていて注目しておきたい電子マネーは交通系電子マネーであるSuicaとPASMOやショッピングでの利用が中心となるWAONの3種類です。これらの電子マネーが日頃から利用する機会が多いものとなっていますし、電子マネーを経由することによってポイントなどを駆使してマイルを多く獲得できるものとなっています。
交通系電子マネーやWAONといった電子マネーは全てのJALカードで利用できるわけではないのでこの点には注意が必要です。PASMOを利用するのであれば「JALカードTOKYU POINT ClubQ」か「JALカード OPクレジット」の利用が必要となりますし、Suicaを利用するのであれば「JALカードSuica」を利用する必要があります。交通系電子マネーを活用してお得にマイルを貯めることを考えているのであれば入会の際にJALカードの選択を間違えないように注意してください。間違えて入会してもあとから異なったJALカードを発行することも可能ですが、再度審査を受けることになるなど手間が掛かってしまいます。年会費も余計に掛かってしまうことになりかねませんので、数多く発行されているJALカードの中からどういった電子マネーが付帯されていれば自分が利用しやすいのかを判断して利用するようにしていきましょう。
交通系電子マネーではなくショッピング利用としてWAONを利用するのであれば「JAL・Mastercard」「JAL・Visaカード」「JALカード TOKYU POINT ClubQ」「JAL・JCBカード」の利用が必要となります。残念ながらWAONに関しても全てのJALカードが対応している訳ではありませんのでWAONが利用したいのであればそれを利用するようにしていきましょう。
WAONが利用できる店舗では基本的にはJALカードからWAONにチャージして、それを利用して支払いをしたほうがマイルがよく貯まります。WAONのチャージでマイルを貯めることが出来ますし。JMB WAONを利用することによって電子マネー利用によるマイルを獲得することも可能です。これらのマイルはマイレージバンクを連携することによって一つの口座で扱うことが出来ますので異なったWAONを利用しても問題はありません。

マイルの使い道も多いJALカード

JALマイルの使い方としては航空券への交換を考える方も多いでしょう。JALカードでマイルを貯めて、貯まったマイルは何かしらの航空券へ交換してまたフライトを利用するというのが一般的なマイルの利用方法だと思います。これも王道的な使い方であり何も問題は無いのですが、実はJALカードには他の特典にも交換できるという特徴があります。逆に言えば他のクレジットカードよりも交換出来る特典が多いことが特徴となっていますのでこの特徴は上手く活用しておきたいですね。

■航空券やツアーに交換する

マイルの利用方法として最も一般的なものがこの航空券などに交換するというものです。JALカードを利用すればフライトに距離に応じてボーナスマイルも貯まりますし、この貯めたマイルをまたフライトに利用して安く乗り続けるというのが一般的な考えですね。JALカードで貯めたマイルを利用してポイントを獲得し、ツアー代金への重点もすることが出来ますので気軽にマイルを利用できるのがこの航空券やツアーへの交換でしょう。

■座席のアップグレードをする

JALカードを利用して貯めたマイルを活用できる特徴として座席のアップグレードというものも存在しています。これは航空券への交換とは少し異なり、今すでに所有している航空券にマイルを差額として支払うことで座席がアップグレードされるというものです。例えばエコノミークラスのチケットを所有していれば差額をマイルで支払うことでビジネスクラスになるわけです。

マイルからチケットに交換することは皆さんも理解していると思いますがこのように既存のチケットをアップグレード可能なことも特徴となっていますので抑えておきましょう。

■ポイントや電子マネーに交換する

意外かもしれませんがマイルは提携している企業のポイントや電子マネーに交換することも可能です。マイルとして利用されている方が多いとは思いますが他の企業のポイントなどにも交換できることが特徴的です。コンビニが提供しているポイントに交換することも可能ですし、電子マネーではWAONに交換することが可能ですしSuicaなどにも交換できるようになっています。

また特徴的な交換先としてはJALカードが提携して発行しているクレジットカード会社である小田急ポイントや東急ポイントに交換できるというものもあります。

他にもJALカードとはあまり関係がなさそうな小売店などであってもマイルと割引券などが交換可能となっています。意外な活用法があるのもJALマイルの特徴ですね。

JALカード特約店を活用するべし

JALカードの嬉しい特典として挙げられるのがJALカード特約店と呼ばれるマイル還元率が高まるお店が数多く用意されていることです。フライトだけではなくマイルは日々のショッピングでも貯められるものです。そのためなるべくであればマイルがよく貯まるお店で買い物がしたくなるのは当たり前のことですよね。

さてこのJALカードの特徴ともなっているJALカード特約店ではいったいどういった特徴があるのでしょうか。なんとJALカード特約店でJALカードを利用すると獲得できるマイル数が通常の2倍になるという特典が用意されています。100マイル貯まる買い物であれば200マイル貯まることになりますのでこの差は大きいですよね。ちりも積もれば山となると言われるよに一回あたりはそれほど魅力的に感じられてなくとも、毎回の買い物をJALカード特約店ですることによって年間や数年単位で見たときに大きな差が生まれてくるのが特徴となっています。

ただどんなにJALマイルがよく貯まるJALカード特約店がお得だと言っても特約店が近くになければ意味がありませんよね。また近くにあったとしても利用しないお店であればマイルが獲得したくとも買い物をする機会がなくなってしまいます。こういった心配がもちろんあるのは分かるのですがJALカードはそういった心配も払拭するような特徴を持っています。それはこのJALカード特約店には有名な施設や小売店が多々含まれているからなんです。

いくつか例を挙げてみましょう。皆さんがよく利用すると思われるショッピング施設でJALカード特約店に含まれているものに「イオン」があります。大型の施設から小さめのスーパーマーケットまでイオンは日々の生活を支えてくれるものを多数扱っています。イオンは全国的に店舗数も多いですしJALマイルが多く貯まるという特徴があるのであれば出向ける距離にあるのではないでしょうか。そもそもイオンは割引なども提供していて安さを売りにしている小売店でもありますので買い物をなるべく集約してマイルを獲得していくというのも方法としては悪くないでしょう。

またコンビニエンスストアのnファミリマートもJALカード特約店となっています。コンビニに関しては今やあらゆるところにありますしちょっとした買い物はコンビニで済ませる方も多いでしょう。しかもファミリマートに関しては日本でも店舗数の多いコンビニエンスストアとなっていますので利用可能な機会も多いはずです。

JALカード特約店はこの他にもチェーン店が多いのが特徴となっています。上手くこの特徴を活用してショッピングマイルを貯めていきましょう。

JALカードSuicaに注目!

JALマイルが貯まるクレジットカードはまだまだあります。今回紹介するJALカードSuicaもJALマイルが貯まるクレジットカードの一つなのです。ではそのJALカードSuicaにはどのような特徴があるのでしょうか。Suicaとカード名に付くので、電子マネーサービスとの関係も気になるでしょう。

JALカードSuicaですが、200円利用で1マイルが付与される、といった内容になっています。マイル還元率としては0.5%の設定になっているわけです。
ただし、ずっと200円につき1マイルの獲得なのではありません。特約店利用になるとい、200円につき2マイルの獲得ができるようになるのです。要はいかに特約店での利用を増やしていくのか、というところが重要なわけです。

JALカードSuicaのSuica機能にも目を向けましょう。実は、オートチャージに対応しています。ですからチャージを自分でする必要は全くありません。しかもチャージするとポイントが獲得できるのです。ビューサンクスポイントが1,000円につき6ポイント獲得できるので、Suica利用でも実質的にポイントが貰えるカード、と言うわけです。

JALカードSuicaはれっきとしたJALカードでもあるので、ボーナスマイルの獲得が可能です。入会ボーナスで1,000マイルや継続ボーナスが1,000マイルなど、たくさんのJALマイルがゲットできるクレジットカードなのです。