club-aとは?JALカードの種類をおさらい

まずはこれからJALカード普通カード

JALカードの中でも最も基本的なものがJALカード普通カードです。初めてJALカードを利用してみたい方やマイルを貯めてみたい方にまずはおすすめするクレジットカードです。普通カードの中にも厳密には少し差があるのですが、今回は基本となる電子マネーが付帯されていないタイプのJALカードをご紹介したいと思います。

■JALカード普通カード

発行元:JCB/VISA/MasterCard

年会費:2000円+税(初年度は無料

家族カード年会費:1000円+税

発行元:アメリカン・エキスプレス

年会費:6000円+税

家族カード年会費:2500円+税

国際ブランドの差としてはアメリカン・エキスプレスだけ年会費が高額なものとなっています。これは付帯サービスが異なったものとなっていますので仕方ない部分かと思います。アメリカン・エキスプレスといえば世界でも認められたステータス性の高いクレジットカードブランドですし他のクレジットカードには無い付帯サービスが用意されています。

さてJALカード普通カードはいったいどのような特典があるのでしょうか。基本的には安めの年会費でJALマイルを貯めるというのが魅力であり一番の用途となっています。マイルの貯め方には他のクレジットカードと同様にショッピングの利用によって貯める方法と、航空系のクレジットカードですのでフライトによって貯める方法の2種類が用意されています。

まずはショッピングによるマイルの獲得ですがこれはどのJALカード普通カードを利用していても基本は200円につき1マイルという計算式は変わりません。JALカードの国際ブランドによって獲得に差が出ないというのはわかりやすくて良いのでは無いかと思います。そして全てのJALカード普通カードにおいて追加で年会費3240円を支払うことによってJALカードショッピングマイル・プレミアムに加入することが可能です。こちらのサービスに加入しておけば100円につき1マイルの獲得に変わりますので一気にマイルが高還元されるクレジットカードに変身します。毎年クレジットカードで何十万も決算するような可能性があるのであれば大きな差になりますので、多少年会費が必要ではありますがショッピングマイル・プレミアムを利用している方がマイルの獲得量は上昇するでしょう。

フライトに関してはクレジットカードの入会と毎年の継続・フライトの利用によってボーナスマイルが貯まる仕組みとなっています。毎年1回でもフライトを利用すればボーナスマイルで年会費以上の価値があるように作られています。毎回のフライトに関してもボーナスマイルが加算されてますので少し多くマイルが貯まります。

フライトでマイルを貯めるならJALカード CLUB-A

少し年会費が高くなったとしても、とにかくフライトでマイルを増やしていきたいと考える方にはこちらのJALカードCLUB-Aがおすすめです。普通カードに比べると年会費が高額となっているのですが、その分フライトで獲得できるマイルの量が普通カードに比べると大きなものとなっています。ショピングでマイルを貯めることも考えながら、やっぱりフライトでマイルを貯めていきたいというかたはこちらを使ってみましょう。

■JALカード CLUB-A

発行元:JCB/VISA/MasterCard

年会費10000円+税

家族カード年会費:2500円+税(Suica搭載カードを除く)

JALカードCLUB-Aに関しては国際ブランドとして3種類しか設定されていません。JALカードの他の種類には用意されているアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブというブランドでは発行されていませんので注意してください。ただそれぞれの国際ブランドにおいて差はありませんので自分の利用したい国際ブランドが利用できるという点では嬉しいメリットであるかもしれません。

さて、JALカードCLUB-Aを利用するメリットはどこに有るのでしょうか。気になるところではると思いますがこちらのJALカードを利用する最大のメリットは毎回のフライトで付与されるボーナスマイルがダントツで多くなっているとうことです。一般カードであれば毎回のフライトボーナスは毎回のフライト距離の10%が付与される仕組みとなっています。これでも十分に大きい付与率とはなっているのですが、こちらのJALカードCLUB-Aを利用すると毎回のフライトで手に入るボーナスマイルはぐっと大きくなって25%も付与されるようになります。つまりボーナスマイルが2.5倍になるわけです。このボーナスマイルの差がフライトが多くなれば多くなるほど大きな差になっていきますのでフライトでマイルを貯めたい方にはこちらのJALカードCLUB-Aがおすすめのクレジットカードとなっているのです。

またフライトで貯まるマイルに限らず入会ボーナスや毎年の初回搭乗ボーナスに関しても年会費が高額となっていますので普通カードよりも増加しています。普通カードであればこれだのボーナスは1000マイルなのですが、CLUB-Aカードを利用していると入会時には5000マイルが付与されますし、毎年の初回搭乗ボーナスに関しては2000マイルが付与されるような仕組みとなっています。

ショッピングで書くときマイルに関しては普通カードと変更はありません。そのことを踏まえるとなおさらフライトで貯めることが主な目的であるJALカードであると言えるでしょう。

CLUB-Aカードのメリットとは?

おすすめのJALカードとして二つ目に紹介したいのが、CLUB-Aカードです。有名なカードなので知っている、という方も多いかもしれません。しかし、そのカードの特徴までは理解している方はほとんどいないと思うのです。こちらではCLUB-Aカードにはどんなメリットがあるのか、という部分を明らかにしていきます。

■CLUB-Aカードのメリットについて

・ボーナスマイルがすごい!

CLUB-Aカードの場合や、たっぷりとボーナスマイルがもらえる設定となっています。まずは入会搭乗ボーナスが5,000マイルの設定となっています。いきなり登場しただけで5,000マイルがゲットできるのです。
さらに毎年初回搭乗ボーナスが2,000マイルもらえてしまいます。要は1年に1回登場するだけで、2,000マイルは確実にもらえるわけです。

フライトマイルボーナスにも注目しましょう。フライトマイルに25%のプラスがしもらえます。たくさんのマイルがゲットできるのがCLUB-Aカードの大きな特徴です。

・割引サービスあり

空港免税店での買い物にCLUB-Aカードを利用すると、10%の割引が適用されます。オトクな買い物をしたい、という方にもおすすめなのがCLUB-Aカードなのです。

・海外旅行保険の補償内容が手厚い!

CLUB-Aカードはゴールドカード相当となっており、保険の内容も素晴らしいです。海外旅行保険の最高補償額は5,000万円となっているのです。

マイルとステータス性の融合 JALカードCLUB-Aゴールドカード

フライトでマイルが貯まりやすいクレジットカードとして人気があるのがJALカードCLUB-Aカードなのですが、これにステータス性を加えるとJALカードCLUB-Aゴールドカードというものになります。基本的な性能はJALカードCLUB-Aに近いものとなっていますが、これにクレジットカード会社各社のゴールドカードらしさが追加された仕様となっています。少し相場よりも年会費は高額となってしまうのですが、それだけJALカードとステータス性のバランスが取れたものとなっていますのでJALカードの中でもかなりのおすすめです。

■JALカード CLUB-A

発行元:JCB/VISA/MasterCard

年会費18000円+税

家族カード年会費:8000円+税

発行元:アメリカン・エキスプレス

年会費19000円+税

家族カード年会費:8000円+税

発行元:ダイナースクラブ

年会費28000円+税

家族カード年会費:9000円+税

ゴールドカードクラスになりますと付帯サービスの差も大きくなりますので年会費の差も大きくなっています。家族カードに関してはダイナースクラブが比較的お得なものとなっており、これはダイナースクラブが家族カードの年会費を優遇しているような傾向がありますのでこれに沿ったものでしょう。

JALカードらしい特典としてはゴールドカードになったことによって本来は追加で年会費が必要となるJALカードショッピングマイル・プレミアムが無料で付帯されてくるということがあります。こちらはショッピングで手に入るマイルが2倍になる追加サービスであり、本来は3000円+税が必要となりますので年会費の中に含まれていると考えるとゴールドカードであってもそこまで高額なものでは無いということも考えられます。

フライトで獲得出来るマイルに関してはゴールドカードではないJALカードCLUB^Aと同等の性能となっています。クレジットカード入会時には5000マイルが付与されますし、毎年の初回搭乗では2000マイルが付与されます、フライトボードに関しても25%になっていますのでまさにマイルを貯めながらもステータス性の高さを維持するようなクレジットカードであると言えるでしょう。

ゴールドカードということで注目したいのはクレジットカード会社が提供している付帯サービスです。ゴールドカードによって強化された付帯サービスは特に旅行保険の部分でしょう。海外旅行保険などは普通カードではそこまで手厚いものでは無いのですが、JALカードCLUB-Aゴールドカードにもなると非常に高額な保証内容に変更されています。クレジットカード会社によって保証内容は微妙に異なるのですが、海外へのフライトが多い方であればどれでも十分な付帯内容では無いかと思います。

やっぱり最終的にはプラチナも狙いたい!

JALカードの最高峰と言っても良いのが、プラチナカードです。JALカードを利用したい方やすでに利用している方の中には、最終的にはプラチナカードを利用したい、といった気持ちもあるのではありませんか。しかし、まずは特徴を確認することから始めるべきです。何も知らないのに申し込みをするのはやめましょう。

■プラチナの特徴とは?

・年会費が高い!

プラチナカードの年会費はかなり高い設定になっています。本会員の年会費は33,480円の設定となっています。30,000円を超えてきてしまうので、カードを使わないともったいないわけです。
家族会員の年会費も高く設定されており、16,740円となっています。家族カードの年会費も高く設定されているので注意しなければなりません。

・獲得マイルが通常よりも高く設定されている

JALカードのマイル獲得に関しては、通常は200円に1マイルです。しかし、プラチナのばあいはショッピングマイル・プレミアムに自動入会しています。ですから、100円につき1マイルの獲得が出来るわけです。多くのマイルを獲得したい、という方に敵推しているのがプラチナカードです。

・補償金額も素晴らしい!

さすがプラチナカードと言っても良いかもしれません。
海外旅行保険お最高補償額が1億円の設定となっているのです。海外旅行も安心ですよね。

20代なら20代限定 JAL CLUB ESTも見逃せない

JALカードには利用できる年齢を限定したカードもあります。こちらではそのカードである「20代限定 JAL CLUB EST」について紹介します。果たしてどのような特徴を持っているクレジットカードなのでしょうか。20代の方におすすめできるカードなのでしょうか。

■20代限定 JAL CLUB ESTの特徴とは?

・20代限定のゴールドカード!

20代限定 JAL CLUB ESTは券面のデザインもゴールドとなっているのですが、その内容は基本的にゴールドカード仕様となっているのです。
年会費に関しては5,400円となっています。ゴールドカードの中では低めの設定となっているので、その点は大きなプラス、といっても良いかもしれません。

・ボーナスマイルも充実

初回搭乗ボーナスとして最大5,000マイルの獲得ができます。さらに20代限定 JAL CLUB ESTの限定ボーナスとして1,000マイルも獲得可能です。
その後は毎年初回搭乗ボーナスが貰えます。最大で2,000マイルが貰え、さらに20代限定 JAL CLUB EST限定ボーナスとして1,000マイルがプラスしてもらえます。

フライト系のボーナスにも注目しましょう。フライトマイルの25%プラスとなっているのです。さらに20代限定 JAL CLUB EST限定ボーナスもあり、+5%の設定となっています。

このように20代限定 JAL CLUB EST限定ボーナスもしっかりと用意されています。安心して利用できるのです。