嬉しさ満点 JALカードを使いこなせ

■JALカードでJALマイルは貯まるのか

他のクレジットカードに比べてJALマイルが貯まりやすくなっているはずのクレジットカードがJALカードです。しかしながら、貯まりやすいとは言えども実際にはどれぐらいJALマイルが貯まるのでしょうか。なんとなくしか理解されていない方も多いのではないかと予想します。そこで今回はJALカードを利用すればどれぐらいJALマイルが貯まりやすいのか具体的な数値を用いながら説明したいと思います。

まずは入会時のボーナスマイルから考えてみましょう。JALカードは入会時して最初のフライトの利用時にボーナスマイルが付与されるようになっています。いわゆる入会ボーナスのようなものですね。このマイルが少ないもので2000マイル、多いJALカードでは5000マイル用意されています。これだけのマイルが入会してフライトを利用するだけで手に入るのですからお得ですよね。
続いて入会時ではなく毎年のフライトボーナスを確認してみましょう。JALカードは毎年初回のフライト利用時に利用しているJALカードに応じて1000-2000マイルが付与されるようになっています。この毎年の初回フライト時に貯まるマイルがいかにお得なものかをショッピングのマイル付与を例にしてお話します。
JALカードはショッピングでのマイル付与率が基本的には0.5%となっており、年会費を追加で支払うショッピングマイルプレミアムに加入すると1%の付与率となります。JALカードの一部にはこのショッピングマイルプレミアムが自動的に付帯されているものもありますので、一部は必ず1%還元のクレジットカードが存在します。
さて、この還元率を元に毎年の初回搭乗ボーナスについて考えてみましょう。毎年付与されるマイル数は先ほども紹介したように1000-2000マイルとなっています。仮に0.5%の付与率であるとすると、20000円から40000円支払う必要があるわけです。実際には端数も発生しますからこれ以上利用する必要があるわけですね。それに対してJALカードの年会費は一部の高いステータスのものを除いてこのショッピングに必要な金額よりも抑えた年会費となっています。つまり、年会費として支払うものよりもボーナスのほうが多いため少しフライトに利用するだけでもマイルが貯まるのです。

また、毎回のフライト貯まるフライトボーナスも15-25%と大きなものになっています。1000マイルの移動をすれば150-250マイルがボーナスとして付与されますのでお得にJALカードはマイルが貯めやすいことがよく伝わるのではないでしょうか。

■お得なJALカードを選ぶべし

JALカードも比較的種類の多いクレジットカードの一つであり、どれを利用すれば良いのか判断に悩んでしまうことも多いと思います。基本的にはどれぐらいフライトを利用する可能性があるかでクレジットカードを選べば損はしないですし、アメリカン・エキスプレスやダイナースのようなステータス性が高いが故に年会費が高くなってしまうJALカード以外では1-2回のフライトで年会費以上の価値があるものが大半です。ステータス系のクレジットカードはマイルを貯めること以外も目的として所有されている方も多いですので今回は他の国際ブランドであるVISAやJCBの場合でオトクなものを考えてみたいと思います。

JALカードのうちマイルの貯めやすいものといえばJALカード普通カードとJALカード CLUB-Aカードです。これらに加えてゴールドカードやプラチナカードも用意はされていますが、これらに関してはマイルを貯めることよりもクレジットカードとしての付帯サービスを強化する意味で所有するようなものとなっています。

さてこれらのJALカードには大きく分けて3つのマイル獲得ボーナスが用意されています。一つ目は入会時のボーナスマイル、二つ目は毎年初回搭乗時のボーナスマイル、最後は毎回のフライトに対して上乗せされるボーナスマイルです。入会時のボーナスマイルを除いてもJALカードでは毎回の初回搭乗時ボーナスマイルで基本的には年会費以上のマイルが付与されるように設計されています。つまり1回でもJALを利用すれば年会費以上のショッピングをしたのと同様に扱われますので実質年会費無料でマイルが貯まりやすいクレジットカードを持てるということになります。

また年会費は必要となるものの家族カードの利用もお得なものとなっています。必ずしも全ての方が家族カードを利用できるわけではないですが、家族カードを利用できる場合には複数人で貯めたマイルをまとめて利用することが可能となります。家族カードに関しても必要な年会費以上にすぐにマイルが貯まるようになっていますので活用できるのであれば利用したいですね。

JALカードの中ではフライト回数にもよりますがCLUB-Aを利用するのが最もおすすめとなっています。年間2回以上のフライトがあるのであればフライトボーナスによってマイルがよく貯まりますし、それ以上のフライトがあるのであればそれだけフライトボーナスが他のJALカードよりも多く獲得できるようになるのです。

■やっぱり基本はJALカード普通カード

JALカードには様々なものがありますが、やはり基本となるのはJALカード普通カードです。年会費も比較的低価格に抑えられており、まずはANAカードを利用してみたいと考える方におすすめのクレジットカードとして提供されています(クレジットカードの達人で見てみてください)。年会費は国際ブランドによって異なりますが基本的には2160円(初年度無料)となっており、アメリカン・エキスプレスを選択した場合のみ6480円(無料期間なし)となっています。家族カードに関しても発行可能となっており、年会費は1080円(アメリカン・エキスプレスのみ2700円)の設定となっています。

年会費は価格を抑えたものとなっておりそれに加えてJALカードはJCBが提携しているディズニーの絵面が入ったカードを発行しているなどカードの選択肢面でも人気のものとなっています。また提携カードとしてい発行されているJALカードも多いため、各種電子マネーが付帯されたものも人気が高まっています。

さてJALカード普通カードではどのようなマイルボーナスが用意されているのでしょうか。主な3つのボーナスについてご紹介します。
・JALカード入会ボーナス:1000マイル
・毎年初回搭乗時ボーナス:1000マイル
・フライトボーナス:10%

またショッピングに関しては基本的には0.5%で年会費を追加で支払いショッピングマイル・プレミアムに加入すると1%となっています。
ここで年会費を思い出してみると基本的には2160円となっています。毎年1回でもJALを利用すれば1000マイルが付与されますので、これを獲得するのにショッピング換算すると1-2万円は端数を無視しても必要になるわけです。こう考えてみるとJALカード普通カードに関しては1回でもフライトを利用すれば年会費を大きく上回るマイルを手に入れることができますのでオトクさは高いと言えるでしょう。

マイル以外の側面で考えた場合は航空系のクレジットカードらしく旅行傷害保険が付帯されているのが特徴となっています。国内、国外ともに最大で1000万円までとはなっていますが年会費を踏まえるとこれだけの付帯保険があるのは十分でしょう。

JALカード普通カードは総合的に年会費以上に付帯サービスが充実しているクレジットカードとなっています。活用方法は様々なあるとは思いますが、まずはJALカードを利用して確実にマイルを貯めていきたいという方におすすめしたい一枚です。

■もっとマイルを貯めるならJALカードCLUB-A

通常のJALカードよりも年会費は高くなっているもののそれだけJALマイルの貯めやすいクレジットカードがJALカードCLUB-Aです。JALカード普通が年会費2160円なのに対してJALカードCLUB-Aは年会費10800円となんと5倍になっているのですが、JALのフライトを年間1回でも利用する方であればお得になるような仕組みとなっています。具体的なボーナスマイルなども踏まえながらどのようなお得さがあるのかについてご紹介していきましょう。

まずは気になるマイルの獲得量から見ていきましょう。JALカードCLUB-Aの主なる3つのボーナスマイルは次のようになっています。
・JALカード入会ボーナス:5000マイル
・毎年初回搭乗時ボーナス:2000マイル
・フライトボーナス:25%
全てのボーナスにおいて普通カードよりもさらに多いものとなっています。年会費が5倍となっているものの入会ボーナスと毎年の初回搭乗時ボーナスを加味するとこちらのJALカードでも年に1回でもフライトを利用すれば年会費よりも多くマイルが獲得できることになります。
初回に限らず毎回のフライトボーナスが普通カードに比べて15%も大きいものとなっているので、フライトを利用すれば獲得できるマイルの量は1.67倍なっていきます。これだけの違いがあると海外へのフライトといった長距離を利用したり、年間で何回もフライトを利用する場合には大きな差が生まれることは容易に想像できると思います。

フライト以外でマイルを貯めるためにはショッピングでのクレジットカード利用が中心となります。基本的なマイルの還元率は0.5%となっており標準的な部類に入りますが、ショッピングマイル・プレミアムに加入することによって還元率は1%となります。ショッピングの利用で1%のマイルが還元されるようなクレジットカードは数多くありませんので、多少は年会費が必要とはなるもののメインカードとして決算にも利用するのであれば加入しておいて損は無いでしょう。

ちなみに、JALカードCLUB-Aにはアメリカン・エキスプレスの国際ブランドで発行されているものはありません。提携カードなどは用意されているのになぜなんでしょうね。そのためクレジットカードの付帯サービスとしてT&Eのようなサービスも求めているのであればVISAやJCBは少し劣ったものとなってしまいますので、そこは注意しておいてもらいたいところです。

■ワンランク上のJALカード CLUB-Aゴールドカード

複数のグレードが用意されているJALカードの中でも特に付帯サービス面で充実しているのがJALカードCLUB-Aゴールドカードです。クレジットカード名にゴールドカードと含まれているように通常のクレジットカードよりも更に上質なサービスが提供されているJALカードとなっています。マイルを貯めるという意味でも良いクレジットカードとなっているのですが、それに加えてゴールドカードらしいサービスが多く用意されておりマイラーに更に上質な時間を与えてくれるものと言えるでしょう。

年会費は利用する国際ブランドによって異なったものとなっていますので下記にご紹介します。
・JCB/VISA/MasterCard : 17280円
・アメリカン・エキスプレス : 20520円
・ダイナース: 30240円
またこれに伴って家族カードの年会費も多少異なったものになっていますので注意してください。

JALカードCLUB-Aゴールドカードに付帯されている特典は色々あるのですが、マイルの獲得面で考えたときに嬉しいのはショッピングマイル・プレミアムが無料で自動付帯してくることでしょう。本来は3240円の年会費を追加で支払う必要があるこちらのサービスですが、JALカードCLUB-Aゴールドカードであれば追加料金を支払うこと無く手に入れることができます。そのため実質的には年会費は3240円安いようなものでしょう。自動的にショッピングで貯まるマイルが普通カードの2倍になるのは嬉しい特典の一つです。
またゴールドカードらしい特典としては空港ラウンジの利用やJALビジネスクラス・チェックインがあると思います。前者に関してはJALカードCLUB-Aゴールドカードに限らずゴールドカードに付帯されていることの多いサービスとなっており、提携ラウンジを無料で利用できるものとなっています。後者に関してはJAL独自のサービスとなっており、混雑しやすい国際線エコノミークラスの利用であってもJALのビジネスクラス専用カウンターを利用できるものとなっています。エコノミークラスやJAL優待券の利用時に長時間チェックインのために並ぶ必要がなくなるためこのサービスだけでも日頃からフライトを利用する方には大きなメリットでしょう。

もちろんJALカードですのでマイルの獲得に関してはボーナスマイルも充実したものとなっています。ただ、ボーナスマイルはJALカードCLUB-Aと同様になっていますのでゴールドカードだから増加しているというものではありません。